テレフォンセックス慣れした結果、4Pできた話

オレはテレフォンセックスの達人です。
テレフォンセックスって、要は相手と二人でオナニーするだけなんですけど、実は結構コツがあるんです。
相手が何を求めてるのかの当たりをつけておいて、オナニーしながら少しずつ調整してやるんです。
どのくらい責めて欲しいのかとか、責めたいけど反撃して欲しいのかな?とか、ちょっとずつ修正を加えてやると、最終的に女は思いっきりイくんです。
おかげで、リピーターと言うかオレの常連の女は10人を超えます。
実際に会ったことがある女も6人くらいいます。すごいでしょ?

この間、優季(仮名)ってギャルとテレフォンセックスしたときのことです。

「アン!アンッ!もう、イキたいの?」
「そろそろ・・・だ!」
「待って!まだ私いかないから!」

優季は、めちゃくちゃイくまでの時間が長いから、テレフォンセックスも大変です。
ていうか、オレひとりで相手してたら疲れるだけだなって思ってました。
そこで、ちょっと一休みしたときに提案してみたんです。

「今度、オレのテレフォンセフレと会ってみない?」
「は?」
「テレフォンセックスのセフレなんだけど、3Pとかしてみない?」
「やだし」

なかなかノッてきません。
結局二人で会ったんですが、そのときにめちゃくちゃにイカせてやって、強引に会う約束を取り付けることができました。
しかも4Pです。
近くに住んでるテレフォンセフレが他に2人もいたので、全員会ってイカせまくって約束を取り付けてやりました。

実際会ってみると、まぁ盛り上がらない。
お互いに知らない女同士を無理やりテンションをあげさせるために、酒を振舞うと、今度はめちゃくちゃハイテンションに。
全員でオレのことを責め立て始めるんです。
ちょっとMに目覚めかけたんですが、今回の目的は優季をイカせまくること。
1人ずつ優季の性感帯を愛撫しまくってやると、優季はガチでイキまくりです。
さすがの彼女も3人から同時に責められると、どうしようもないみたいですね。
最後にち○ぽで突きまくることには、よだれも飲み込めないくらいに力がぬけてました。

優季がダウンしてからは、残りの2人と3Pを楽しみました。
テレフォンセックスを楽しむ人間だから、基本的にエロに開放的なんですね。
初めての3Pでしたが、全員大満足で帰りました。
もちろん、次の約束も取ってから。

ま、オレは4人で会う約束の他に、全員と2人で会う約束を取ったんですけどね。
家に帰ってから、また違う女とテレフォンセックスを楽しみました。
次はこいつを4人で責めてやろうかな。

Copyright(c) 2010 xxx All Rights Reserved.